FC2ブログ
楓華の出会い放浪記(//・_・//)
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
号泣してたのにヤル気マンマン(//・_・//)カァ~ッ…
0.jpg
舌と舌がピチャピチャ絡み合う音が響いていました。
楓華が緊張と恥ずかしさで、体を熱く火照らせていると、

「楓華ちゃんの体、熱いよ?」

と言いながらH君の手が服の中に入って来ました。

「服の中も熱いよ?脱がせてあげよっか?」

「うん…」と言うのとほぼ同時に楓華はするするぅ~っと服を脱がされ、
上半身を覆うものは、水色のブラだけになりました。
そしてそのままH君の手が私の胸を優しく揉んできたのです。

「やっぱ柔らかいな。」
「やぁ…恥ずかしいよぉ~」

私の少しの抵抗も虚しく、ブラが外され直に揉まれてしまったです。
「ぁん…あぁ…」
「かわいい声…もっと出して…」と言った途端に「下はどうなってんの?」
と言われ、スカートも脱がされてしまったです・・・(・∀・*)

そしてブラとお揃いの下着の上から楓華の大事なところを触ってきます。
「うわぁ、もうこんなに濡れてるよ?」
「や…だぁ…恥ずかしいよぉ~」
大事なところはクチュクチュとなんかよくわからないモノが溢れていましたw
「んふぅ…あぁん…あっあん…!!」
楓華はもう声をガマンするのが出来なくなって、
結構おっきな声で鳴いてしまったです(・∀・;)

そのまま2人とも裸んぼになったら、お互いの素肌の感触がとても心地よく感じたです☆
「楓華ちゃん…俺、もうガマン出来そーにないんだけど…w」
「うん、いいよ…」
私がそう言った瞬間、彼がガバッと覆いかぶさってきましたw
ぐちゅっ…と言う音と共に彼の熱いのが楓華の中に入ってきたです♪
「ん…あぁん…」
もう楓華の大事なところはぐちゃぐちゃで、
彼が腰を動かす度にこんなところじゃ書けないような音が響いていました(汗。
「あぁっ…あんっ!!」
「あぁんっ!あっいやぁっ!あぁっっ!」

続きを読む

その時の画像です(/-\*) ハジュカチ…  
スポンサーサイト
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
コメント
この記事へのコメント
おじゃまします♪
真奈美の記事にトラバありがとうございます。
しかしとんできてどっきーん。
なんてエロイおっぱいなんでしょ。
素敵すぎですよ~。
2005/07/03(日) 12:35:12 | URL | 真奈美 #mo77/Qdg[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。